弁理士資格

弁理士資格

資格取得で給料アップ!就職も有利に!

弁理士資格

無料で資料請求
弁理士資格,資格取得,給料,就職資格ならVee

弁理士資格は今注目されている資格の一つです。
弁理士とは、知的財産やそれに関わるいろいろな権利を取得したり、権利をめぐるトラブルなどについて、法律で決められた手続きを代理で行う仕事をするのが弁理士です。
知的財産権というとあまり耳馴染みがないという人も多いかもしれませんが、たとえばよく言われているものとしては、特許であったり、実用新案、商標権や著作権などが知的財産と呼ばれているものです。
このような業務手続きを行う場合には弁理士が手続きを本人たちに代わって行うわけですが、三つの業務に分けることができます。

本来業務といって、特許や商標登録を権利化するために、特許庁に手続きに行ったり、その取り消しの手続きなどが弁理士の本来業務といわれているものです。
この業務には技術や知識が必要でなおかつ法律的な知識も持ち合わせていかなければいけません。弁理士は国家資格の一つです。

そして2つ目の業務というのが紛争処理業務です。
紛争処理業務というのは、知的財産をめぐるトラブルや特許を巡る不正競争などに関してトラブルが起きた時に仲裁をしたり間に入って代理業務をするということも弁理士の業務の一つです。

そして三つ目の弁理士の業務としては取引関連業務があります。
こちらは、知的財産やスキルの上での秘密を売買したりする際の契約の手続きなどを代理で行うという仕事になります。

弁理士の資格を取得した後には様々な働き方があります。
大きく分けると二つに分けることができるのですが、ひとつ目としては、勤務弁理士としての働き方です。
勤務弁理士というのは企業に属している弁理士のことです。
会社員と同じように企業に属している弁理士ということになります。

そしてもうひとつは開業弁理士です。
開業弁理士というのは独立して 開業をした弁理士で自分で事務所を構えているタイプの弁理士になります。
弁理士の資格を取る場合には短答式と論文式の筆記試験と口述試験に合格しなければいけません。

論文式の試験は短答式の試験に合格している人だけが受けることができますし、口述試験の方は、論文式試験に合格している人だけが行うことができる試験です。

弁理士試験を受験するにあたっては受験資格もありますし、選択科目免除などもありますので、自分が該当しているかどうかなどを確認するために一度受験要項をよく読む必要があります。

弁理士はこれからもっと複雑化するといわれている知的財産について色々と手続きを行う資格です。
無料で資料請求
弁理士資格,資格取得,給料,就職資格ならVee



資格取得で給料アップについて

ページの先頭へ
トップに戻る
友達に教える

PCサイトへ移動

(C)資格取得で給料アップ