土地家屋調査士の資格

土地家屋調査士の資格

資格取得で給料アップ!就職も有利に!

土地家屋調査士の資格

無料で資料請求
資格,資格取得,給料,就職ユーキャンの土地家屋調査士
土地家屋調査士の資格とは、土地の境界に関してのプロの資格です。

土地、建物などがどこにあって、それくらいの大きさなのかなど、登記簿に書く際に明らかにできるのが主な仕事です。

土地や建物の所有者の代行として、登記簿に表示する登記の申請手続きを行ったり、調査をしたり、測量をするという資格です。

不動産関係の資格の一つでもありますが、おもな仕事内容としては土地や建物の所在を調査したり、用途や広さなどを測量して、そのデータ結果によって図面を作り、法務局に登記登録をする申請手続きの代行が主な仕事です。

土地家屋調査士の資格試験の難易度はとても難しいとされていて、5%から6%位となっています。
ですからかなり難易度の高い資格試験であるということがわかります。

その難易度の高い資格試験に合格すれば、土地家屋調査士として、測量会社で活躍をすることができますし、地図会社、土木関係の会社、建設会社など様々な場所での活躍が可能です。

経験や経歴によっては土地家屋調査士事務所を独立開業することも可能です。
土地家屋調査士資格を取得する際の受験資格としては、特に条件はありませんから、誰でも受験できます。

試験は口述試験もありますが、筆記試験に合格した人のみが口述試験に残ることができます。

土地家屋調査士資格試験の内容ですが、午前中に行われる試験は多肢選択式の試験と記述式の試験になっています。

民法に関する問題や登記の申請手続きに関する問題、審査の請求手続きに関するものも出題されます。

そのほか土地家屋調査士として業務をするにあたって必要最低限の知識や技術について出題されます。

午後から実施される資格試験では多肢選択式の記述試験になり、平面測量や作図の試験が出てきます。

この筆記試験に合格した後は口述試験が待っています。

口述試験は午前と午後の試験範囲にプラスして土地家屋調査士として仕事をするのに必要な知識が必要になってきます。
年に1階土地家屋調査士資格試験は実施されています。
8月の下旬に筆記試験が行われ口述試験に残れる人は11月の中旬に行われています。
受験場所はそれぞれの法務局管轄の受験場所で受験するということになり、受験料は7200円です。

不動産関連や建築関係の仕事に今ついているという人はキャリアアップを見込める資格になりますし、不動産関係の仕事に就きたいという人には就職に有利な資格の一つになりますから人気があります。
無料で資料請求
資格,資格取得,給料,就職ユーキャンの土地家屋調査士



資格取得で給料アップについて

ページの先頭へ
トップに戻る
友達に教える

PCサイトへ移動

(C)資格取得で給料アップ