手話の資格

手話の資格

資格取得で給料アップ!就職も有利に!

手話の資格

無料で資料請求
資格,資格取得,給料,就職ユーキャンの手話入門
資格,資格取得,給料,就職ケイコとマナブ
手話の資格というのがありますが手話の取得を取る方法としては手話技能検定協会が実施している試験に合格しなければいけません。

試験が実施されているのは1年間に6回といわれています。
手話技能検定を個人で受ける場合には1年間に6回実施されている試験を受験することになるのですが、集団受験や在宅受験などもあります。
7級の手話試験については、在宅試験が実施されていて、それ以外の試験については、筆記試験が行われています。

1級と2級の手話資格取得の際の試験では引き試験と実技試験が実施されています。

受験資格というのは、手話検定7級から準2級まではありませんが、2級の試験を受けるためには準2級に合格していなければいけませんし、準1級の試験を受けるためには2級の試験に合格していなければいけません。

また1級の試験を受ける人は準1級に合格しているということが受験資格になります。

手話資格の試験の内容ですが7級は動きが全くない状態での指文字を読むという試験で3級から6級の試験はビデオを見て手話を読み取るという試験です。

準1級準2級の試験になるとビデオを見て手話を読み取って筆記試験を受けることになり、1級2級の場合にはディスカッションも加わりますし、課題文をつかって表現するという実技試験が加わります。

手話の資格を勉強する方法としては手話教室やスクールがあると思いますからそこで実際に受講して必要な勉強を受けることになります。

手話の資格にはさらにキャリアアップを目指すことも可能で、手話通訳士資格という資格もあります。
これは手話通訳の実務が3年以上ある人が受けることができる資格試験で、資格取得後は、手話通訳士として活躍することが可能です。
手話資格を取得してから活躍できる具体的な場所としては、行政機関で働いたり民間の企業、医療機関やそれぞれの施設などで手話が必要になった場合に通訳をするという仕事があります。
また最近はショッピングモールや大きな商業施設などでも、手話資格を持っている人がいるケースが多く、働き際のキャリアアップの資格として就職や転職にも有利としても知られています。
サービス業などでも手話資格を持っているだけでかなりキャリアアップになりますし、スキルアップにもなり自分にプラスになります。手話の資格としては手話技能検定が2001年にスタートされました。レベルも幅広く1級クラスになれば手話インストラクターとして活躍することも可能ですし、手話通訳を目指すことも可能です。
無料で資料請求
資格,資格取得,給料,就職ユーキャンの手話入門



資格取得で給料アップについて

ページの先頭へ
トップに戻る
友達に教える

PCサイトへ移動

(C)資格取得で給料アップ