税理士資格取得

税理士資格取得

資格取得で給料アップ!就職も有利に!

税理士資格取得

無料で資料請求
資格,資格取得,給料,就職資格ならVee
資格,資格取得,給料,就職生涯学習のユーキャン
資格,資格取得,給料,就職本気になったら大原♪
資格,資格取得,給料,就職がくぶん総合教育センター
税理士資格取得のためには税理士資格試験に合格しなければいけません。

試験は毎年7月の下旬ごろから、8月上旬ごろに行われています。
税理士資格を取得するためにはだいたい7年はかかるとも言われているくらいに、かなり難関の試験を受験することになります。

科目単位で受験をすることができますから最終的に必須科目の2科目と選択必須科目の1科目を入れて5科目に合格をすれば税理士資格を取得することが可能です。
合格をする基準となっているのは60パーセントの正解率の人だけといわれています。

税理士資格取得のための試験特注ですが、理論的な問題に加えて計算問題も出題されます。
理論問題の場合は大きな問題と個別の問題が出題されて大きな問題に正解するためには、その出されている問題の主旨を正確に理解しなければいけませんし、その骨格を回答して正解する必要があるので、その問題そのものを解くというよりも、問題の意味愛をよく理解したうえで記述をしていかなくてはいけないのでかなり難しいでしょう。

合格は60パーセント以上得点をとらなくては合格することができません。

安定した合格率を保つためには、理論問題では模範解答的なものを頭に入れて丸暗記をするくらいの勢いでいなければいけませんし、そのうえですぐに記述もできなければ合格できないくらいの難易度の高い資格試験です。

税理士の資格を取得後は税理士事務所で働くことも可能ですし、税関などでも働くことができます。
税理士事務所の一人としてそれぞれの企業の顧問税理士としてある会社の経理関係を任されるというケースもよくあります。
税理士として実績や経験を積んでいけば将来的には税理士として自分で事務所を開業することもできるので将来は安定した仕事に就くことができるというメリットもありますから、税理士資格取得を目指している人は多いといわれています。
税理士資格取得を目指しているのは、男性ばかりではなく、女性も目指している人は多いので男女どちらも将来安定した仕事を長期的に続けていきたいという人が選んでいます。

税理士資格取得後は税務署で働くということも一つの方法ですから活躍できる範囲は広いですし、自分で事務所を開いた後も、今は副業をしている人もとても多いので、税理士の資格を活かして確定申告の指導や代理で申請書の作成などを行うといった仕事なども可能ですから幅広いジャンルで働くことができる資格となっています。
無料で資料請求
資格,資格取得,給料,就職資格ならVee
資格,資格取得,給料,就職生涯学習のユーキャン
資格,資格取得,給料,就職本気になったら大原♪
資格,資格取得,給料,就職がくぶん総合教育センター



資格取得で給料アップについて

ページの先頭へ
トップに戻る
友達に教える

PCサイトへ移動

(C)資格取得で給料アップ